健康とダイエットと上達をめざすテニス

テニスだけではなく健康にも気を遣ってダイエットと技術向上を目指すブログ

ウィンブルドン進行中

こんばんは。

ちょっと時間が空いてしましました。

期待の錦織圭選手も早々に敗退してしまった一方で、杉田祐一選手の活躍はもっと取り上げてほしかったですね。

 

テニスの体力面は全大会から連戦で戦って、スタミナ切れになった杉田選手によって体力、持久力は必要だと再確認させられましたね。

年々同じことをしていても落ちていく体力の減少を最低限にする努力が体作りにもダイエットにもつながると思います。

 

 

 

メンタルは、錦織選手のプレーを見ていれば、やはり迷いが感じられましたね。

攻めるのか、ラリーを続けたいのか、ポイントの取り方が定まってない印象でしたが、いかがでしたでしょうか。

攻めたらポイント取ってるのに、迷ってラリーして、逆にいいところに打たれてしまう。

そんな試合だったと思います。

 

上位のメンバーは、さすがですね。

残る人が残る。

クレーを全試合スキップしたとは思えないフェデラー選手の安定感。

マレー選手もきちんと安定して残っている。

ジョコビッチ選手も標準を合わせてきていますね。

ナダル選手は接戦を落としましたが、タフマッチをありがとうという気分です。

 

話はここから私のことに戻します。

先日、とある試合に出ました。

ダブルスです。

 

結果は途中で負けました。(予選会なので、途中で負ければ負けです)

 

ダブルスらしくしてくれる強いペアには勝てたのに、ちょっと癖のあるダブルスには自滅して負ける。

ちょっとやってはいけないパターンで負けてました。

 

癖のある人ほど正攻法で押していかないといけないのに、癖の裏をかこうとしてミスをする。

相手のパターンでやられることを恐れすぎてこちらのプレーが雑になり、結果緊張に繋がって正攻法が出来ない。

負のスパイラルでした。

 

これは、次に活かさないといけないです。

皆さんもそんな経験あると思います。

 

反省するけど、結局緊張してしまって同じことを繰り返す。

この緊張はなかなか厄介ですよね。

 

私はずっと付き合っていくものだと考えています。

調子の良い時、リードしている時は友達、競ってきたとき、何か変化が必要な時には頑固者であるイメージです。

その時ほど正攻法でポイントをきちんと取れて、自分のペースになることが大事ですね。

 

私も試合に出る量が少なくなって、ひと試合にかける思いは大きくなり、緊張も大きくなります。

それを打ち破れた時は楽しいし、勝てたら達成感にもなります。

 

たまにはへこむけど、コンスタントにやっていくしかないですね。

 

ありがとうございました。

 

 

     ・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓ …━━━┫24┃┃時┃┃間┃┃加┃┃圧┃┃引┃┃き┃┃締┃┃め┣━━━…     ┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     筋力サポート加圧シャツ!MUSCLE PRESS(マッスルプレス)! ___________________________________              ≪ぽっこりお腹…≫             ≪姿勢の悪い猫背…≫            ≪締まってないカラダ…≫          今のそのカラダに満足していますか?     やっぱりオトコならソフトマッチョを目指したいですよね!     そんな方には<MUSCLE PRESS(マッスルプレス)>がオススメ!       ゴム以上の伸縮効果を持つ「スパンデックス繊維」で           どんな体型にもガッチリフィット!          無意識でも24時間カラダを締め付け!         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~           目指せ!憧れのモテボディ!           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~            ▼ 詳細はこちら! ▼ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TIK7J+7Q1GAA+2UOE+1NJZN7 ─┬───────────────────────────────── ◆│こんな方へオススメ ─┴───────────────────────────────── ・筋トレってつい忘れてしまう…。・運動する時間がない。 ・ジムはなかなか続かない…。・おなかのぽっこりが気になる。 ・食事制限は難しい…。・今のカラダに満足していない。 ───────────────────────────────────

 

 

加圧シャツ その後

こんばんは。

 

加圧シャツの途中経過ですが、報告いたします。

先日1kg痩せたと言いましたが、さらに1kgくらい落ちてきました。

 

体が痩せるような体質になってきたのか、トレーニング等との相互作用が上手く機能してきたのかもしれません。

もう一度、お腹に縦線が入る体になるまで頑張っていきたいと思います。

 

 

さて、今日はみなさんにも当てはまるのではないのではないかというお話です。

 

・最近お腹が出てきた

・運動不足である

・痩せたいが時間がない

・痩せる努力はしたいが何をしたらいいのかわかならい

・20代前半より体重が5kg以上増えた

・嫁さんに太ったと言われている

 

こういう言葉に思い当たる節がありませんか?

 

運動すれば確かに痩せるかもしれません。

ただし、やみくもに都合のいい時間で痩せられるとは限りません。

一人でやっていても、モチベーションの維持が大変である。

 

 

そして放っておくと、ますます体型が悪くなり、お腹はでてきて、嫁さん彼女からの体型についての言及が厳しくなる。

また、服のサイズを何度も変えることになるし、着たい服ではなくて、着れる服を探すようになってしまう。

たかが5キロくらいと思うかもしれませんが、洋服のジャストサイズで買っている場合、買い直しまたは窮屈に着なければなりません。

5キロとなると、ベルトで言うと1サイズはずれてきますからね。

気が付いたら着れない服がでてきたり、お腹を強調する着方をしていたり、ベルトまで調節していれば買い直しになる可能性もあります。

 

 

そんな時に一度挑戦してみてほしいものがあります。

 

それは、私がまさに体験している加シャツであります。

 

 

24時間着続ければ、日中の活動も運動となり、寝ている間も筋肉に刺激を与えていることになります。

刺激を与え続けて行って、たるんだお肉や、痩せにくくなった体へアプローチすることができます。

 

このほかの方法として、HMBサプリというものがありますが、コスト面と日常の使用には向いていないのかと私個人は考えております。

まず、HMBのサプリメントは初回500円とか謳われていますが、定期購入者限定であるため、トータル2万円くらいはお支払することになります。

加圧シャツであれば送料無料で3枚12000円ほどで試すことができます。

 

また、サプリメントプロテインの20倍と謳われていますよね?

ものすごい効果だと個人的には思っています。

では、私からの質問です。

 

プロテインはいつ飲みますか?

 

恐らく運動後とか、運動した日の寝る前じゃないかと思います。

じゃあ、プロテインの代わりに飲むものであるHMBを日常的に摂りますか?

運動を頻繁にする人ならいいでしょう。

でも気軽に始めるにはハードルが高くないですか?

 

そこでおすすめするのがこち

 

 はい、何度も出てきていますが、

 

加圧シャツ!!となります。

 

まずは手軽に着ることから始めませんか?

着てみて効果を実感してください。

 

なお、最近人気が出てきておりますので、手に入れたい方は今すぐにお申込みしたほうがいいです。

決めたからには、理想のボディを思い描いたならクリックしてみてください。

在庫がなくなってしまう場合がございます。

 

 

 

24時間無意識引き締め!着ながら目指すモテボディ!  

 

 

もしも、今の体を少しでも変えてみたいと思いの皆さま、一度加圧シャツを手に取って実感してみてください。

私は現在進行形で2kgの減量になっています。

 

今日はテニスのお話ではなくて申し訳ありません。

健康の一部としてご紹介させていただきました。

 

ありがとうございました。

 

広告を非表示にする

自分のプレースタイルを確立する

こんばんは。

しばらく時間が空いてしまいました。

 

加圧シャツすが、やっと1kg痩せました。

たぶん、だいたい同じ時間か夕食前に量っているので、減ったと言えるでしょう。

 

 

 

これを着て、普段の生活と運動をしていました。

着用時間は、朝起きてから、お風呂に入るまでですね。

気になる方はクリックして詳細を見てください。

 

 

本題の自分のプレースタイルを確立することに入りましょう。

前回、前々回と攻めるタイプ、守るタイプと説明をしてきました。

攻めるにも守るにも、戦略が必要ですね。

攻めるには、最後の一発を打つための布石が必要です。

守るには、どこに打つことによって自分が有利になり相手が不利になるか考えなくてはいけません。

 

さあ、ここであなたは、どんなプレースタイルを目指しますか。

攻撃的ストローカー?

オールラウンダー?

シコラー?

ボレーヤー?

 

選択肢は色々あります。

その中で、自分の打つボールと自分の精神的な部分で何が一番しっくりくるでしょうか。

 

打つボールが早くてエースもあるがミスも早い人にシコラーになれとは言いません。

 

逆に、コントロール重視で早いボールよりも確実に返球してミスをさせる人が攻撃的ストローカーに向いているとも思いませんよね?

(ただし、常にではなく、はったりとして必要なことでもあります)

 

出来ることを伸ばしていくほうが楽しいし、長続きします。

私の知り合いでは、ムーンボールが上手い方がいます。

シングルスで35歳以上の部に出ればそれを武器に相手を走らせることが可能でしょう。

でも、ダブルスではそれがあだになって、ボレーの打ちごろになってしまっています。

いいムーンボールが使えるのであれば、もちろんそれにあったプレースタイルをベースにしてほしいですね。

戦略的ストローカーとでも言いましょうか。

シコラーまでもいかないけれど、フラットがそこまで上手ではない。

シコラーのように相手を振り回し体力とポイントを奪う選手になれればいいのではないかと思います。

 

また、別の方では、打ち方自体を悩んでいる方がいらっしゃいます。

プレースタイルよりも、いいボールを打とうと力が入っている感じです。

つまり、ポイントよりもいいボールで打つことが重要になっている。

この場合は、プレースタイルを見つけることから始めなければいけませんね。

私が見る限り35歳以上のシングルスに出場するならば、向上させなければいけないところはまだまだあります。

一番最初に考えてほしいのは、どうやってポイントを取りたいのかイメージをしてもらう事です。

 

頭の中でストーリーが描けているかどうかです。

 

私は〇〇という役でこの試合をしているのです。

 

という主張が欲しいです。その中でのナイスショットを見つけてほしいし、快感にしてほしいと思います。

 

シコラーの役柄ならば、ムーンボールが相手のコートの奥に入ることによってチャンスボールまたは相手のミスが誘える。

ストローカーならば、相手を左右に振ってオープンコートを作りエースをねらう。

 

まさに、今日の錦織圭対チョンヒョン戦がイメージしやすいのではないでしょうか。

浅いボールを待っている錦織圭に対してどこまでもくらいついてチャンスを伺うチョンヒョン選手。

シコラーである私は、あれだけ深く返球し続ければ、相手はミスとエースが同じくらいになるのだと実感しました。

 

長くなりましたので。ここらへんでまとめさせていただきますが、

①私の役割は〇〇がしっくりくる

②役に応じたストーリーを頭の中に描く

③一手先のところまでイメージをする

④無理にプレースタイルこだわらず、その時に対処すべき最適なショット選択をする

⑤自分の立ち位置とプレースタイルがあっているのか確認する

 

このあたりを一度検討されてみてはいかがでしょうか。

長くなりまして申しありませんが、少しでもお役に立てたらと思います。

 

ありがとうございました。

 

合わせて健康のために加圧シャツを着てのプレーをお勧めしますよ。

 

 

守りのプレースタイル、シコラーの心情、動き、考え方

こんばんは。

本日、加圧シャツ着て筋トレしてみました。

 

 

トレーニングがいつもと同じ重さでトライするも、回数とともに苦しくなって効いてくる感じです。

いつもより効いている、そう思い込ませてくれますね。

ランニングマシンの上でも、血流が制限されているためか、同じ負荷でも辛い。

心の中で、頑張ってる自分を褒めていました。

 

そして、加圧シャツから解放された時は、爽快でした。

 

 

さて、今日の本題に行きましょう。

前回攻めのプレースタイルは相手を走らせてオープンコートを作ることが上手であることが重要と書きました。

最後のフィニッシュのショットは、気持ちがよく決まると攻撃的なプレースタイルに見えますね。

でも、過程がありますから、意識を変えてみてください。

 

守りのプレースタイル、いわゆるシコラー

 

私はこちらのタイプなので、より詳しく書けるかと思います。

そもそも、シコラーのイメージってどんなものでしょうか?

 

振り回されているイメージ?

ミスをしない人?

早いボールが打てない?ロブが得意?

 

色々あると思います。

 

私の中でシコラーとは・・・

 

相手にミスをさせる人です。

 

普通???

 

ですよね?

 

大雑把に聞こえるかもしれませんが、これが一番しっくりきます。

 

振り回されていることは否定できません。

しかし、頭の中では、走ることが想定内であります。

打たれたボールに対して、どれだけ予測をして、そのボールに早く追いつき、相手が不利になりそうなところへ配給する

 

返球するではないです。

相手がミスをしそうなところ、走らせることが出来るところ、相手の逆を突くところへ配給するです。

そのためには自分も走らされることは普通になります。

走らされるけどミスをしないことも必要になります。

だから、自分が苦しい時にはロブのようなボールになることもあります。

 

 

戦略で高い軌道のボールも必要です。

自分が定位置に戻るために時間を作るため、相手の打ちどころを後ろにするため、そして、自分の打てるボールの速さを緩急にするため。

自分のボールが早くなくても、通常より早く打つことと、通常よりも速いボールを打つことで、カウンターになったり、パッシングショットに繋がったりします。

普通のボールに慣れさせていれば、速くなくても錯覚させることはできます。

 

ここ、ちょっとシコラーの醍醐味です。

ボールの速さ、打つ場所による距離と時間、これで試合をコントロールすることが重要です。

相手に打たれっぱなしでは、心が折れますからね。

 

自分のペースでコートをコントロールすることが出来れば、辛くても頑張れます。

無理にコースを突きすぎてミスを連発するよりも、深く返し続けたほうがシコラーとしていやらしい印象を与えます。

またコースの突きすぎは、カウンターをくらう角度もきつくなるので、バランスよく狙てくださいね。

 

いやらしく、走って、コートをコントロールしてくださいね。

 

ありがとうございました。

次回は、いよいよ共通する部分についてお話します。

 

 

自分に合ったプレースタイルとは

こんばんは。

 

 

これを着始めて数日が経ちました。

ようやく着ていることに慣れてきました。

これを着て1kgのダンベルを持つと普段よりも重たい気がします。

今のところお腹よりも胸筋周りに効いている気がします。

 

 

 

それはさておき、今日のプレースタイルについてお話します。

 

自分のポイントの取り方がわからない!!

 

自分の計画通りにポイントが取れないという悩みですね。

 

今回相談では、自分がどうやってポイントを取っていくのかがわかっていない。

 

つまりベースとなるプレースタイルが確立されていない。

 

てことは、私は攻めたいのか、守りたいのか、コースを突いてミスを誘うのか、またはゲームを組み立ててポイントを取るのか悩んでいる状態ですね。

 

そうするとどうなるか。

 

その場でその時に、自分が打てるボールを単純に打つことになります。

一歩間違えたら自分がミスをします。

準備が遅かった、力が入ったなど理由は多々あります。

ラリーというストーリーの中にいるのに、台本を描いていないと言えばいいでしょうか。

その場でクロス、ストレート、いやその前に返球するのか、相手のボールをみて決めてしまっていますよね?

 

 

 

プレースタイルを作るには、自分ならこのボールをこう処理したいというイメージを持つことが重要です。

例えば、

①おれは攻めてポイントを取る

どうしたら攻めることが出来ますか?

早いボールを打つ?

コートの内側で打つ?

 

確かにそうですね。50点くらいでしょうか。

私の質問はどうしたら攻めることが出来ますか?  です。

上の2つは攻め切るための手段ですよね。

当然攻めてポイント取るには必要です。

 

じゃあ、その前はどうしますか?

 

これが残りの50点だと思いませんか。

そして、自分のプレースタイルの基礎になると思いませんか?

今回は攻めることに特化してお話します。

あくまでも私ならという意見にはなりますが、

バックハンドのラリーの中でいかに自分がフォアハンドの逆クロスを狙って相手を追い込むか、そしてオープンコートのストレートをうまく使うか。

相手を走りまわしている人のほうが攻めている印象になりませんか。

それが上手いからチャンスボールが来てそのボールを打ち込めるから、攻めるプレースタイルと言えませんか。

 

そのためには何が必要か。

これは次回、守りながらポイントを取っている人についてお話した後にでもお伝えします。

練習する基礎は似ていると思っていますので最後にお話しします。

 

今日もありがとうございました。

 

 

MUSCLE PRESS インナーシャツ入荷&試着、テニス

こんばんは。

前回、私はこれを購入しますと宣言をした加圧シャツ!!

本日入荷しました。

 

写真1  外箱

f:id:satoshi3950051:20170520140030j:plain

 

写真2  加圧シャツ

 

f:id:satoshi3950051:20170520140057j:plain

 

見た目の大きさは子供用シャツ!!

正直、最近よくあるサポート機能のあるトレーニングギアをイメージしてたので、予想外でした。

テカテカ素材でぎゅーっと強く締め付けられると思ったが、もっと普通のシャツ。

多少の締め付け感はあるけれども、これなら普段のインナーとしても着られると思いました。

 

ここから、着用した感想です。

シャツ自体が小さいので、着用には少し時間がかかりました。

とてもシャツ伸びます。全体を優しく包んでくれているような印象。

強くもなく、適度な着圧感、

イメージしていたよりも優しいイメージ。

運動時に着ていても、気にならない。一枚インナーを着ている印象。

着用感はストレスがないと思います。

ランニングやテニス用のサポーターともいえるギアよりも素材は薄いです。

筋肉への疲労軽減や効果アップを期待しているわけではないので・・・

どちらかというと汗がかきやすくなるもの。

ダイエット用に使うことが正しいと思います。

あと、若干肩幅が広かったり厚かったりすると窮屈かもしれませんが。

 

今日テニスの時に着用してみた率直な感想です。

ぎちぎちに矯正されるような感じではないですので安心してください。

テニスの練習をするには、適度なトレーニング付きで練習をしている気分にさせてくれます。

試合で勝ちたかったら着用しないほうが体の為だと思います。

あくまで、動けるようになるためのツールとして考えてください。

試合用には別のスポーツギアを選択して、筋肉をサポートしてもらってください。

 

 

とりあえず、毎日着用をしてみます。

体重も減ってくれるといいですが、お腹周りに効いてくれると嬉しいです。

適宜報告していきます。

 

次回は、悩み相談のことでも書こうかなと思ってます。

自分のプレースタイルとは何だろう??

と悩まれている人へのアドバイスになればいいと考えてます。

 

本日もありがとうございました。

ぽっこりお腹はこれで解決!?

こんばんは。

今日はテニスとはちょっと離れて・・・

 

最近ポッコリお腹をどうにかしたいな。

 

との悩みから、色々と検索してみました。

 

ダイエット食品

トレーニング方法

サプリメント

健康器具

その中で一番いいかもと思ったのがこれ

 

 

 

ちなみに筋トレは現在手首を痛めてしまいまして、出来ない状態です。

ただし腹筋は可能だが持続しない。

 

そこで健康器具は挫折の可能性があるので今回は却下。

 

トレーニング法もプランクと呼ばれるインナーマッスルを鍛えるものを実践するも毎日継続できず・・・

 

サプリメントと加圧シャツ!!

この2択になりました。

最近話題のHMBと加圧シャツ

 

でもHMBってプロテインの強化版のような印象。

てことは、飲むだけでは効果が薄いかも。

 

と考えてしまいます。

筋トレ、運動のお供感が強い印象。

 

ということで、これ

 

 

加圧トレーニングを着ているだけで行ってくれる代物。

もちろん加圧トレーニングほどの強い締め付けではない。

 

しかし、常にウォーキングしているような有酸素運動状態なら、

時々のトレーニングと運動で効果が上がる!!

 

と私は考えました。

 

よって、これから私はこれを試します。

私もやってみたいって人はこちらからどうぞ。