読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康とダイエットと上達をめざすテニス

テニスだけではなく健康にも気を遣ってダイエットと技術向上を目指すブログ

守りのプレースタイル、シコラーの心情、動き、考え方

こんばんは。

本日、加圧シャツ着て筋トレしてみました。

 

 

トレーニングがいつもと同じ重さでトライするも、回数とともに苦しくなって効いてくる感じです。

いつもより効いている、そう思い込ませてくれますね。

ランニングマシンの上でも、血流が制限されているためか、同じ負荷でも辛い。

心の中で、頑張ってる自分を褒めていました。

 

そして、加圧シャツから解放された時は、爽快でした。

 

 

さて、今日の本題に行きましょう。

前回攻めのプレースタイルは相手を走らせてオープンコートを作ることが上手であることが重要と書きました。

最後のフィニッシュのショットは、気持ちがよく決まると攻撃的なプレースタイルに見えますね。

でも、過程がありますから、意識を変えてみてください。

 

守りのプレースタイル、いわゆるシコラー

 

私はこちらのタイプなので、より詳しく書けるかと思います。

そもそも、シコラーのイメージってどんなものでしょうか?

 

振り回されているイメージ?

ミスをしない人?

早いボールが打てない?ロブが得意?

 

色々あると思います。

 

私の中でシコラーとは・・・

 

相手にミスをさせる人です。

 

普通???

 

ですよね?

 

大雑把に聞こえるかもしれませんが、これが一番しっくりきます。

 

振り回されていることは否定できません。

しかし、頭の中では、走ることが想定内であります。

打たれたボールに対して、どれだけ予測をして、そのボールに早く追いつき、相手が不利になりそうなところへ配給する

 

返球するではないです。

相手がミスをしそうなところ、走らせることが出来るところ、相手の逆を突くところへ配給するです。

そのためには自分も走らされることは普通になります。

走らされるけどミスをしないことも必要になります。

だから、自分が苦しい時にはロブのようなボールになることもあります。

 

 

戦略で高い軌道のボールも必要です。

自分が定位置に戻るために時間を作るため、相手の打ちどころを後ろにするため、そして、自分の打てるボールの速さを緩急にするため。

自分のボールが早くなくても、通常より早く打つことと、通常よりも速いボールを打つことで、カウンターになったり、パッシングショットに繋がったりします。

普通のボールに慣れさせていれば、速くなくても錯覚させることはできます。

 

ここ、ちょっとシコラーの醍醐味です。

ボールの速さ、打つ場所による距離と時間、これで試合をコントロールすることが重要です。

相手に打たれっぱなしでは、心が折れますからね。

 

自分のペースでコートをコントロールすることが出来れば、辛くても頑張れます。

無理にコースを突きすぎてミスを連発するよりも、深く返し続けたほうがシコラーとしていやらしい印象を与えます。

またコースの突きすぎは、カウンターをくらう角度もきつくなるので、バランスよく狙てくださいね。

 

いやらしく、走って、コートをコントロールしてくださいね。

 

ありがとうございました。

次回は、いよいよ共通する部分についてお話します。

 

 

自分に合ったプレースタイルとは

こんばんは。

 

 

これを着始めて数日が経ちました。

ようやく着ていることに慣れてきました。

これを着て1kgのダンベルを持つと普段よりも重たい気がします。

今のところお腹よりも胸筋周りに効いている気がします。

 

 

 

それはさておき、今日のプレースタイルについてお話します。

 

自分のポイントの取り方がわからない!!

 

自分の計画通りにポイントが取れないという悩みですね。

 

今回相談では、自分がどうやってポイントを取っていくのかがわかっていない。

 

つまりベースとなるプレースタイルが確立されていない。

 

てことは、私は攻めたいのか、守りたいのか、コースを突いてミスを誘うのか、またはゲームを組み立ててポイントを取るのか悩んでいる状態ですね。

 

そうするとどうなるか。

 

その場でその時に、自分が打てるボールを単純に打つことになります。

一歩間違えたら自分がミスをします。

準備が遅かった、力が入ったなど理由は多々あります。

ラリーというストーリーの中にいるのに、台本を描いていないと言えばいいでしょうか。

その場でクロス、ストレート、いやその前に返球するのか、相手のボールをみて決めてしまっていますよね?

 

 

 

プレースタイルを作るには、自分ならこのボールをこう処理したいというイメージを持つことが重要です。

例えば、

①おれは攻めてポイントを取る

どうしたら攻めることが出来ますか?

早いボールを打つ?

コートの内側で打つ?

 

確かにそうですね。50点くらいでしょうか。

私の質問はどうしたら攻めることが出来ますか?  です。

上の2つは攻め切るための手段ですよね。

当然攻めてポイント取るには必要です。

 

じゃあ、その前はどうしますか?

 

これが残りの50点だと思いませんか。

そして、自分のプレースタイルの基礎になると思いませんか?

今回は攻めることに特化してお話します。

あくまでも私ならという意見にはなりますが、

バックハンドのラリーの中でいかに自分がフォアハンドの逆クロスを狙って相手を追い込むか、そしてオープンコートのストレートをうまく使うか。

相手を走りまわしている人のほうが攻めている印象になりませんか。

それが上手いからチャンスボールが来てそのボールを打ち込めるから、攻めるプレースタイルと言えませんか。

 

そのためには何が必要か。

これは次回、守りながらポイントを取っている人についてお話した後にでもお伝えします。

練習する基礎は似ていると思っていますので最後にお話しします。

 

今日もありがとうございました。

 

 

MUSCLE PRESS インナーシャツ入荷&試着、テニス

こんばんは。

前回、私はこれを購入しますと宣言をした加圧シャツ!!

本日入荷しました。

 

写真1  外箱

f:id:satoshi3950051:20170520140030j:plain

 

写真2  加圧シャツ

 

f:id:satoshi3950051:20170520140057j:plain

 

見た目の大きさは子供用シャツ!!

正直、最近よくあるサポート機能のあるトレーニングギアをイメージしてたので、予想外でした。

テカテカ素材でぎゅーっと強く締め付けられると思ったが、もっと普通のシャツ。

多少の締め付け感はあるけれども、これなら普段のインナーとしても着られると思いました。

 

ここから、着用した感想です。

シャツ自体が小さいので、着用には少し時間がかかりました。

とてもシャツ伸びます。全体を優しく包んでくれているような印象。

強くもなく、適度な着圧感、

イメージしていたよりも優しいイメージ。

運動時に着ていても、気にならない。一枚インナーを着ている印象。

着用感はストレスがないと思います。

ランニングやテニス用のサポーターともいえるギアよりも素材は薄いです。

筋肉への疲労軽減や効果アップを期待しているわけではないので・・・

どちらかというと汗がかきやすくなるもの。

ダイエット用に使うことが正しいと思います。

あと、若干肩幅が広かったり厚かったりすると窮屈かもしれませんが。

 

今日テニスの時に着用してみた率直な感想です。

ぎちぎちに矯正されるような感じではないですので安心してください。

テニスの練習をするには、適度なトレーニング付きで練習をしている気分にさせてくれます。

試合で勝ちたかったら着用しないほうが体の為だと思います。

あくまで、動けるようになるためのツールとして考えてください。

試合用には別のスポーツギアを選択して、筋肉をサポートしてもらってください。

 

 

とりあえず、毎日着用をしてみます。

体重も減ってくれるといいですが、お腹周りに効いてくれると嬉しいです。

適宜報告していきます。

 

次回は、悩み相談のことでも書こうかなと思ってます。

自分のプレースタイルとは何だろう??

と悩まれている人へのアドバイスになればいいと考えてます。

 

本日もありがとうございました。

ぽっこりお腹はこれで解決!?

こんばんは。

今日はテニスとはちょっと離れて・・・

 

最近ポッコリお腹をどうにかしたいな。

 

との悩みから、色々と検索してみました。

 

ダイエット食品

トレーニング方法

サプリメント

健康器具

その中で一番いいかもと思ったのがこれ

 

 

 

ちなみに筋トレは現在手首を痛めてしまいまして、出来ない状態です。

ただし腹筋は可能だが持続しない。

 

そこで健康器具は挫折の可能性があるので今回は却下。

 

トレーニング法もプランクと呼ばれるインナーマッスルを鍛えるものを実践するも毎日継続できず・・・

 

サプリメントと加圧シャツ!!

この2択になりました。

最近話題のHMBと加圧シャツ

 

でもHMBってプロテインの強化版のような印象。

てことは、飲むだけでは効果が薄いかも。

 

と考えてしまいます。

筋トレ、運動のお供感が強い印象。

 

ということで、これ

 

 

加圧トレーニングを着ているだけで行ってくれる代物。

もちろん加圧トレーニングほどの強い締め付けではない。

 

しかし、常にウォーキングしているような有酸素運動状態なら、

時々のトレーニングと運動で効果が上がる!!

 

と私は考えました。

 

よって、これから私はこれを試します。

私もやってみたいって人はこちらからどうぞ。

 

 

 

ダブルスの時のポジション 3

こんばんは。

 

早速続きを書いていきますね。

 

前回の部分では、

一定のポジションで相手からのボールを待っていませんか?

 

という疑問で終わらせていただきました。

 

今日はそこから私なりの見解についてお話しますね。

 

はっきり言って、ポジションは常に変わります。

前回のブログからすればこれが答えになることは想像ついたと思います。

 

自分の打ったボール、またはパートナーの打ったボールに対して

最善策をとる。

 

ボールがダブルスのサイドライン付近に行ったなら、

前衛はストレートケア、それを見て自分はセンターケア

(もちろん相手が上手くてショートクロスを狙うこともあります)

ショートクロスを防ぐにはもう一歩前に進むことも有効です。

 

もう一つ違う場面で・・・

フォアサイド側のセンターへ深いボールが行きました。

スライス面なら、一歩下がってロブを警戒する

打ってくる気配があるならば打たれやすいセンターを2人でカバー

 

と状況によって変わります。

一瞬の判断になりますが、ポジションを最適にする必要があります。

もちろん相手が打つ前にですよ!!

 

これがレディースポジションで構える、ポジションを最適化する、

予測を立てる

という準備です。あとは予測通りなら早い球でも今より反応が出来るでしょう。

 

気になる方は一度試してくださいね。

ポジションは自分たちの打ったボールがどこに返されやすいと予測を立てる、

その時、自分たちのポジションのどこに穴があるか気にする

 

ちょっとしたことで変われるかもしれないし、技術を有効活用できるかも

しれません。

 

でも、1個人の見解ですので、あしからず。

 

ありがとうございました。

ダブルスの時のポジション 2

おはようございます。

 

昨日の続きをお話します。

 

昨日は相手、パートナーとの距離感もポジションの一つとお話しました。

 

今日は、ポジションについてどこまで動けているの?

 

という疑問を自分自身にしてみて頂きたいと思います。

 

あなたは、ダブルスの練習としてペアボレーをしています。

よくあるボレー2対ストローク2(1人前でも可)です。

あなたは、ファーストボレーをする(球出しを受ける)人です。

 

1球目打ちますよね?

 

次に何をしますか?

 

ボールの行方を見ています。

相手の動きを見ています。

次の準備としてレディースポジションをとります。

 

色々ありますよね。ボールを打ってから返ってくるまでの間って。

 

ここです。

ここで次の質問です。

 

それをどこで行っていますか?

 

1球目を打って流れでいきついた場所?

最初のポジションに戻る?

落ち着く指定席があるからそこにいる?

(例 コーチから教えられたからサービスラインよりも一歩手前など)

 

じゃあ次の質問です。

あなたは誰からポイントを取るのですか?

 

はい、この答えは相手からですね。

 

では、質問に沿って行きましょう。

決まったポジションにいて、相手がボールを打ってくるのを待っていて、

 

ポイントが取れますか??

 

取れる時もあれば取れない時もあるでしょう。

 

一度考えてみてください。

ありがとうございました。

続きはまた書きますね。

ダブルスの時のポジション

こんばんは。

 

今日は、テニスに戻ります。

といってもショットについてではなく、ダブルスについてです。

 

シングルスよりも楽で楽しいと思われている方も多いのではないでしょうか

 

共同作業、戦術が楽しい、確率の世界、パターンがある

 

など楽しい要素がいっぱいですよね。

その代わり流れも大きく左右する競技であり、

流れのない時にはとてもつまらない。

 

でも出来ることは沢山ある、反省点もいっぱい出るから

練習してまた試合に出て。

その繰り返しじゃないかなと思います。

 

そんなダブルスの時のポジションについてお話します。

 

ダブルスをするにあたって、ポジションは非常に重要です。

①自分が打ちやすくなる

②相手の返球コースを限定することができる

③ ②をすることにより予測が可能になる

 

ポジションをきちんと押さえることで自分たちが有利になります。

相手にやりにくい、堅いダブルスだと思わせれば、

相手のミスも増えてくる。

 

ポジションって大事だと分かってもらえたでしょうか。

パートナーとの距離感もポジションの一つです。

適度な距離感を保ち、臨機応変にポジションを変える

 

これがパートナーの動きが相手の打ちたいコースを作ったように見せかけて、

実は、自分が動くことによって待っていたボールになるのです。

 

自分、相手、パートナー、全ての人との距離感や動きがポジションに

関わってくるということで今日は終わりにします。

 

次回、もう少しお話しますね。